1973(昭和48年)
6月2日


北海道教育委員会の許可を得て、財団法人松坂科学文化振興財団発足、会長に元札幌市長 高田冨与氏、理事長に松坂有祐氏が就任。
9月
第1回北海道青少年婦人海外科学文化視察団派遣(ヨ-ロッパ)
1974(昭和49年)
9月

第2回北海道青少年婦人海外科学文化視察団派遣(アメリカ・カナダ)
10月10日
寛仁親王殿下、名誉評議員にご就任。
1977(昭和52年)
6月
理事長に、安倍三史氏(東日本学園大学学長)就任。
10月
「国際化時代と青年の役割」セミナ-開催。以降講演会やセミナ-を毎年開催。
1978(昭和53年)
2月


寛仁親王殿下を迎え、歩く好き₋の普及を中心に第1回雪と親しむ青少年体験シンポジウムを滝川市で開催(以降、1983年まで道内各地で開催)
6月
第1回北海道青少年科学文化振興賞褒賞式(後援:北海道、北海道教育委員会)                   (以降、1997年の第20回で終了するまで、毎年1回褒賞)
1979(昭和54年)
2月
第1回サッポロ・インタ-ナショナル・ナイトを開催(以降毎年1回、道内の国際交流団体や青少年団体の協力を得て開催)
1980(昭和55年)
4月
財団法人 北海道青少年科学文化財団に名称変更。
1981(昭和56年)
11月
科学に関する講演会を開催(以降1990年まで、毎年定期的に道内各地で開催)
1983(昭和58年)
2月
在札外国人留学生の地方体験交流を始める(以降、1995年まで毎年実施)
1984(昭和59年)
8月
「夏休み母と子のサイエンスキャンプ」を開催(以降、1991年まで毎年実施)
1985(昭和60年)
6月
「財団創立10周年記念事業「望ましい21世紀の北海道と青少年の役割」(論文募 集)入賞論文が決まり、論文集を発刊。
1986(昭和61年)
9月
「お母さんと一緒 秋のア-トキャンプ」を開催(以降、1991年まで毎年実施)
1987(昭和62年)
6月
「理事長に、有江幹男氏(前・北海道大学学長)就任。
1988(昭和63年)
2月
「寛仁親王殿下を迎え「第10回サッポロ・インタ-ナショナル・ナイト」を開催。
1989(昭和64年)
1月
「北海道青少年科学文化振興賞」の第10回受賞者までの記録集「北海道の大地で~北海道青少年科学文化振興賞の受賞者たち~」を発刊。
1991(平成 3年)
6月
「財団創立20周年記念事業として、フィンランドから高校生ペサパッロ(フィンランド野球)チーム10名を招請、約1ヵ月間、道内3都市でホームスティしながら日本文化の研修と地域の青少年たちとスポーツや親善交流を行った。
1992(平成 4年)
7月


北海道の青少年をフィンランドへ派遣、ユース国際スポーツ・セミナーやワールドカップに参加し、世界の青少年とのスポーツを通じての交流を行った。
11月
第1回先端科学移動大学を釧路市、釧路市教育委員会の共催、北海道大学の後援で、釧路市で開催。
1993(平成 5年)
2月

寛仁親王殿下を迎え「第15回サッポロ・インタ-ナショナル・ナイト」を開催。
11月
旭川で、第2回先端科学移動大学を旭川市教育委員会共催、北海道大学後援で開催。
1994(平成 6年)
11月
函館で、第3回先端科学移動大学を函館市教育委員会共催、北海道大学後援で開催。(以降、釧路、旭川、函館の3都市を巡回して毎年開催する)
1995(平成 7年)
2月
外国人留学生の北海道伝統文化体験研修ツアーを江差町で実施。
1997(平成 9年)
7月
第20回北海道青少年科学文化振興賞の褒賞を行い、同褒賞事業を終了した。20年間で芸術文化、自然科学など4部門で64の個人・団体を褒賞した。
1998(平成10年)
2月
寛仁親王殿下を迎え「第20回サッポロ・インタ-ナショナル・ナイト」を開催。
1999(平成11年)
6月


「北海道青少年科学文化振興賞」の第20回受賞者までの記録集、「北海道の大地で<第2部>~北海道青少年科学文化振興賞の受賞者たち~」を発刊。
6月
理事長に、廣重 力氏(前北海道大学総長)就任。
2000(平成12年)
4月
北海道青少年活動助成基金発足。
2001(平成13年)
1月

アジアの青少年の教育支援を目的とする松坂基金(第1次、第2次海外青少年視察団員設立)の募金活動始まる。
2月
寛仁親王殿下、第23回サッポロ・インターナショナル・ナイトで「21世紀の国際親善のあるべき姿」 と題してご講演。
同年、松坂基金、カンボジア農村部の貧しい女子中学生への奨学金助成事業を開始。
2003(平成15年)
2月
財団創立30周年記念、本財団の関係団体ならびに個人に記念品と感謝状を贈呈。
2008(平成20年)
2月
寛仁親王殿下をお迎えして「世界多文化」をメインテーマに、「第30回記念サッポロ・インターナショナル・ナイト」開催。直前に逝去された名物実行委員長 関道子先生を偲んで、最後に「マカレナ」を皆で踊る。
財団創立35周年を記念し、NPO団体「るしなヤポネシア」と北海道大学「フロンティア基金」へ指定寄付。
2011(平成23年)
11月
「第20回先端科学移動大学」旭川で開催
2012(平成24年)
6月
本財団名誉評議員 寛仁親王殿下、平成24年6月6日御薨去。
2013(平成25年)
2月
寛仁親王殿下御長女 彬子女王殿下のご臨席を頂いて、亡き殿下を追悼する「第35回サッポロ・インターナショナル・ナイト」開催。寛仁親王殿下の御遺志を継いで「北海道ハンディキャップスキー協会」に100万円を寄贈。
2014(平成26年)
4月1日
彬子女王殿下、本財団の名誉評議員にご就任。同日、本財団は、一般財団に移行。彬子女王殿下、第37回サッポロ・インターナショナル・ナイトに本財団の名誉評議員としてご臨席になり、「今こそ伝えたい日本の心」と題して記念講演をされる。


その他、毎年各種科学文化活動や国際交流会等を、他団体との協賛、後援事業として行っている。また毎年、財団広報誌「創造」のほか、講演会やセミナ-の記録集、講演録等を発行している。




お問い合わせ
リンク
プライバシーポリシー